2015.07.09
【浅間山麓国際自然学校】 最新の高原情報をお知らせいたします

皆さま、こんにちは(._.)
NPO法人浅間山麓国際自然学校から、本日7月9日(木)現在の高原周辺情報を皆さまにお知らせです。
天候も、珍しく本格的な梅雨のような日々が続いており、気温も15℃。
寒いくらいの日々が続いております。

浅間山は、レベルが上がって以降、2度のごくごく小規模な噴火をした模様ですが、
その後の活動は落ち着いており(レベル2は継続中)、周辺では全くその影響はございません。
今後も、浅間山の火山活動が落ち着くまでは、立ち入り禁止区域には入らないなどのルールを守り、安全な入山をお願いいたします。

【高峰高原周辺について】 
■浅間山の警戒レベルが2に上がっております。現在、前掛山への登山は禁止です。
火口より2㎞以内は噴石の飛ぶ可能性があるため、賽の河原分岐から前掛山方向は立ち入り禁止となっております。規制を守り、周辺の登山をお楽しみ下さい。
入山の際は、登山届、下山届を作成し、登山口のポストに提出をお願いいたします。
■周辺では、初夏の花が咲き始めました。
高峰山、黒斑山への林道内ではハクサンシャクナゲ、草原ではアヤメ、カラマツソウなどが咲いています。
ニッコウキスゲも咲き始めました。

【登山、登山道について】 
■浅間山:火山警戒レベル2 (火口周辺規制:火口より2㎞以内規制(山頂火口から概ね2㎞以内は立ち入り禁止)
■黒斑山:登山道整備が始まり、作業員が登山道の改修作業を行っております。 
槍が鞘手前の階段部分では、梱包された資材が登山道にはみ出しておいてある場所がございます。
歩行の際には十分にご注意ください。
皆さまのご理解とご協力をお願いいたします。

■服装や装備:周辺は標高2000mを超える高所山岳地帯です。市街地との気温差は約10℃ですので、防寒、防風着をお持ちください。

また、火山情報や気象状況を確認し、装備品(防寒着、軽食や暖かい飲物、ヘッドライト等)は万全にしてお出掛けください。

より詳細な登山道状況、ご質問やご不明点等は、高峰高原ビジターセンター(TEL: 0267-23-3124)へお問い合わせください。 

【周辺道路開通状況】

■高峰温泉~池の平~湯の丸への林道は通行可能です(7:00~17:00)。

■高峰高原から嬬恋村へ抜ける林道は通行可能です。


【開花状況】
ハクサンシャクナゲ、ハクサンフウロ、アヤメ、カラマツソウ、シロバナノヘビイチゴ、ヤマオダマキ、シャジクソウ、コケモモ、ミヤマハンショウヅルなど

【高峰高原ビジターセンター】※毎日8:00~17:00営業中! 

【ビジターセンター】

■登山情報のご提供の他、2階にあるショップでは、モンベル・ノースフェイスをはじめとする新作ウェアーや登山グッズを販売しております。

レンタルシューズ(1,000円)

レンタルポール(500円)

レンタルヘルメット(無料)


【浅間山麓国際自然学校】

■今年で第11回を迎えるナイトウォーク「アサマスタークロスウォーク」の受付を開始いたしました。

小諸市から嬬恋村まで、標高差1,300m、31㎞を、満点の星空の下に歩くイベントです。

定員は先着800名様となっておりますので、お早めにお申込み下さい(._.)

■「黒斑山(くろふやま)トレッキング」は、7月18日(土)、19日(日)、20日(月)に開催予定です。

ファミリーでご参加の方や、体力に自信のない方には、黒斑山少し手前の槍が鞘(やりがさや)を往復する、短めのコースもございます。

槍が鞘まで行けば、眼前に浅間山の大パノラマが広がり、ここでも絶景がお楽しみいただけます•̀.̫•́✧


※お問い合わせは、浅間山麓国際自然学校(TEL:0267233124)までお願いいたします。

 
常緑広葉樹であるにも関わらず、耐寒性を身に着けた“シャクナゲ”は、今年も標高2000mの厳しい冬を乗り切り、きれいなお花を咲かせてくれています!(左:ハクサンシャクナゲ)

  
高峰高原から南側(小諸市側)の眺めると、八ヶ岳連峰や蓼科山(写真左)、遠くに富士山頂(写真右)が望めます。富士山の手前には、ちょうど長野県と山梨県の県境にある、金峰山や甲武信ケ岳もご覧になれます。お天気が良いと、最高の景色です( ´艸`)

Live Camera
お天気情報
本日の天気
曇りのち晴れ
本日の気温
24
週間天気
9/21 9/22 9/23 9/24 9/25 9/26
晴れのち曇り 曇りのち晴れ 曇り 曇りのち晴れ 晴れのち曇り 曇り

PAGE TOP